Expectation
検車場レポート

第11回立川市営サンケイスポーツ杯



01月28日

12R
田中晴基
(千葉・90期)
12R
染谷幸喜
(千葉・111期)
4R
水森湧太
(東京・117期)
4R
高橋広大
(埼玉・99期)
3R
「脚の感じは凄く良いって感じは無いけど、展開とラインのお陰で2着に残れた。2分戦よりは3分戦の方がやりやすいので、自分らしいレースをしていきたい」。果敢に逃げる楠野を峠が援護して最後は差す。⑤③①、⑤③④、⑤③⑥の3点
楠野史尭
(埼玉・105期)
5R
「徐々にだけど、調子が戻って来ている感じがする。初日は番手戦だったけど、普段は自力でやっている。小原君も菊池君との対戦は初めて。しっかり仕掛けていきたい」。榎本が中団確保から鋭い捲りで一発を狙う。⑦から①・②・④・⑤の2着、3着絡み。
榎本光男
(静岡・85期)
7R
「初日のレースは良い動きが出来なかった。風が強かったからなのかパッとしなかったですね。しっかり仕掛けどころを逃さないようにしたい」。3車有利に主導権から押し切る走りだ。⑤から②・④・⑦の2着、3着絡み。
内山雅貴
(静岡・113期)
8R
「風が気になったけど、皆条件は同じだし、しっかり自分らしいレースをするだけ。前回の大宮記念でも岡田征陽さんと一緒だったし、心強いですね」。早坂が先行する後藤を早めに叩いて主導権。番手・岡田の差しも押さえて。⑦=②から①・③・④。
早坂秀悟
(茨城・90期)
9R
「初日は落ち着いて走れていました。風が強くてキツいですが、その中でも脚の感じは良いのかなと思います。神山さんと松永さんが付いてくれて心強いです」。古屋の力強い先行から最後は神山が格差しだ。②⑦①、②⑦③、②⑦⑥にラインの②⑦⑤を押さえる。
古屋琢晶
(山梨・90期)
11R
「初日は周回中からバンクが重く感じた。押し切れているし脚の感じは悪くはない。動く人が多いけど、初日に続いて先輩の天田さんが付いてくれるので、頑張る」。蕗澤が積極性を生かした走りで別戦を封じる走りだ。主導権取りに脚を使うなら、最後は天田が差す。④=②から①・③・⑤・⑦の3着。
蕗澤鴻太朗
(群馬・111期)