Expectation
検車場レポート

第8回後節立川市営CTC杯(モーニング7)



03月17日

7R
北川 大成
(熊本・119期)
7R
大窪 輝之
(熊本・72期)
6R
神開 一輝
(福岡・119期)
6R
高尾 剛文
(福岡・66期)
1R
「黒川君とは何回も戦っていますが、勝ったり負けたりしている。調子はずっと変わらず。しっかりと力を出し切りたい」。6着、7着と大敗の真船だが、最終日こそは3車有利に主導権から押し切りを狙う。④から①・③・⑤の2着3着。
真船 拓磨
(福島・96期)
2R
「里見さんとは初めて。同型で戦いづらいけど、大森さんが3番手に付いてくれるし頑張りたい。無理に先行というよりはしっかりレースの流れを見て走りたい」。東が前々に仕掛けて最終日こそは白星で締める。③⑤から④・⑥・⑦の3着。
東 隆之
(宮崎・100期)
3R
「入江君との連係は初めて。頑張ってくれると思うので、離れない様にしっかり続いてワンツーを決められる様にしたい」。入江を援護しながら最後は差して九州ワンツー。③⑤①、③⑤②、③⑤⑥の3点。
藤野貴章
(佐賀・97期)
4R
「あの展開は厳しいね・・・(苦笑)。準決勝は展開が嵌まらなかったけど、2日目からギヤを換えて踏んだ感じも良かった。フレームも良い感じに馴染んできていたし、最終日こそは1着を取りたい」。初日も連係してワンツーを決めた小川にピッタリ続いて最後は鋭さを発揮する。⑤④①、⑤④②、⑤④③、⑤④⑦の4点。
齋藤和伸
(埼玉・91期)
5R
「状態はいつもと変わらず。岡崎君の動きも良いし、しっかり援護出来るように頑張りたい」。先行する岡崎を援護する走りで最後は直線勝負。③=⑦から①・②・④の3着。
取鳥 敬一
(岡山・69期)