駆け抜ける感動たちかわ競輪 電投番号28#
シリーズ展望
【F2】10月4日(火)〜6日(木)
第7回前節立川市営東京中日スポーツ杯(モーニング7)

柿本大貴
東京/26歳/A1
破壊力には定評のある柿本大貴
立川がホームの若手機動型だ。前走の平の2日目に落車をしているし、多少の不安を感じるが、2週間以上も間隔が空いている。それだけにしっかり調整はしている事だろうし、気力で走るガッツファイター振りを披露しくれる事だろう。着実に力をつけているし、ホームで4月以来の優勝というのもあるかもしれない。

山本修平
東京/26歳/A2
着実に力をつけている若武者
師匠は山崎充央で立川がホームバンクの若手機動型だ。今期は病気欠場や失格もあったが、8月青森開催で決勝に進出。これで上向いてくるかと思われたが、続く武雄と宇都宮では準決で敗退。仲々リズムに乗り切れないでいるが、ポテンシャルにはかなりのモノを秘めている。地元ファンにどんな走りを見せてくれるか楽しみ。

岡本大嗣
東京/42歳/A1
さばきとタテ鋭さは未だ強烈
42歳のベテラン選手だが、タテの威力は衰え知らずだ。今期はコンスタントに決勝に進出しており、9月開催の奈良では梁島邦友の番手から優勝もしている。目標が不在でも巧みなさばきとまくりがあり、何時いかなる時でも対応できるだけの能力の持ち主だ。必ずや地元ファンの期待に応えてくれる走りを披露してくれるだろう。

小橋秀幸
青森/43歳/A1
ベテランだがタテの威力は健在
前期はS級を務めた実力者。今期からA級へと降級してしまったが、コンスタントに優出をしていて健在振りをアピールしている。期始めの頃はタテの威力が今一つ影を潜めていた感じだったが、最近は鋭さが復活してきた印象を受ける。立川バンク向きの脚質である事は間違いないし、最後の最後まで目が離せない選手と言える。

金澤竜二
福島/37歳/A1
スピード戦は衰え知らずの機動型
今期からA級への降級組の1人。前期のS級ではお世辞にもいい走りができたとは言えないが、所々に光るレースがあったと記憶している。今期は人の後ろを回るレースも多くなってきているが、メインとしているのは自力戦。流石に逃げの決まり手は減ってきているが、行くべき順番が来ればしっかり仕掛けている印象がある。直前開催の弥彦では決勝2着と好成績を収めているし、この勢いのまま大暴れしたいところだ。

藤田周磨
埼玉/25歳/A1
日々成長し続ける若手機動型
今期は6場所を走っているが、全てに優出していて安定感は抜群だ。8月開催の小倉では完全優勝もしていて能力の高さを証明している。当地には5月開催以来の登場となるが、その時は予選スターながら1着1着で勝ち上がって決勝5着という結果を残している。まだ組み立てに荒削りなところがあるが、それを補うだけの自力パワーを秘める若手。今シリーズは強い機動型が多数参戦しており、どういう走りをしてくれるか注目したい。

橋本壮史
茨城/27歳/A2
迫力満点の逃げでアピールだ
横山尚則を師匠と仰ぐ新鋭レーサー。今期は5場所連続優出中だったが、直前の静岡では準決で敗退。連続優出は途切れてしまったが、自分のスタイルを貫いての結果だけに、自分でも納得しているのではないだろうか。今期は緒戦の松阪をまくりで優勝、続く青森を逃げて優勝と抜群のスタートを切った。9月の函館でも逃げて優勝をしており今期は3Vだ。積極スタイルでこれだけの数字を残せるというのは力がある証拠であり、先行屋泣かせの立川バンクをどう攻略するのか見てみたい。

清水一幸
徳島/36歳/A1
ムラはあるが自力戦はパワフル
湊聖二を師匠と仰ぐレーサーだ。先行まくりでをメインに闘っていたが、最近では先行、まくり、追い込みの決まり手がほぼ均等にまでなっている。9月で36歳となった事もあるのか、徐々にではあるが戦法にも幅ができつつあるが、まだまだ自力戦での破壊力には相当な威力がある。関東のファンには馴染みが薄い選手だが、シリーズを通して追ってみて欲しい選手の1人だ。

米嶋恵介
岡山/30歳/A2
能力評価はピカイチの自力型
岡山で成長が待たれるレーサーであり師匠は岩本純。今期は一発目の別府をオール連対で準V。好スタートを切ったかに思えたが、続く大宮では決勝に進出したが5着失格。気持ちを新たに臨んだ取手では準Vと力がある事を証明してみせたが、何と次の小倉の準決でまたもや失格。今期は失格が2回で手枷足枷の状態だが、タテだけで93点台の競走得点を叩き出している。かなりのポテンシャルを秘めているだけに目が離せない。

阿部兼士
福岡/38歳/A1
レースの読みは確かなベテラン
A級への降級組の1人だ。今一つ安定感に欠ける印象があり、今期は白星が一つしかないが、展開さえ向けばモノにできるだけの脚は常にある。今シリーズは同地区で若手の谷元奎心、入江航太や自在性に富む中園和剛、楢原由将らも参戦しており目標には事欠かない。穴党なら3日間通して追ってみてもいいのではないだろうか。

▲ページの先頭へ
予想情報
 シリーズ展望
 注目3レース予想
 検車場レポート

[0]たちかわ競輪トップ
たちかわ競輪
©2016たちかわ競輪